杉野脳神経外科病院ページ一覧

  病院案内 ご利用案内 診療科紹介 採用情報
  当院について 診療時間受付について 脳神経外科 採用情報
  当院の特徴 外来担当医表 循環器内科  
設備について 検査について 内科 お問合せ
アクセスマップ 入院食のご案内 外科 お問合せ
  お薬について 整形外科
  心臓血管外科
  リハビリテーション科

こんな症状の時は?症状別Q&A(脳外科的症状・循環器科的症状)

脳神経外科的症状とは? 循環器科的症状とは?
頭痛 胸や背中が痛い
手足のしびれ・力が入らない 息切れがする・呼吸困難になる
当首・腰が痛い 動悸がする
めまい 足がはれる・顔のむくみがある
耳鳴り 失神発作・ふらつく
視力が徐々に低下 歩くと足がだるくなる・痛くなる
顔がピクピクしたり痛い・口角からよだれが出る だるい・疲れやすい
けいれん発作(てんかん) チアノーゼ(口唇・爪が紫色になる)
認知症(痴呆) 痰・血痰
頭部打撲
当ホームページを閲覧することによって、いかなる疾病の診断・治療を行うものではありません。
よって、当ホームページは閲覧者に対し、明示あるいはその他の表示方法においても一切の責任を負うものではありません。また、掲載内容の無断転載を禁じます。

循環器内科

血液循環を専門に診る内科で、主に心臓・血管が中心です。
具体的には高血圧や不整脈、狭心症、心筋梗塞、心不全などの病気を治療します。

循環器科の疾患にはどんな種類があるの?

高血圧症,不整脈,心筋梗塞,狭心症,心不全, 弁膜症,大動脈瘤,動脈硬化,心電図の異常など

脳神経外科と関連のある病気!

1.脳梗塞(脳塞栓)と心房細動(不整脈)

<心原性脳塞栓症>

心房細動の状態が続くと、心臓腔内で血液が滞り心房の中に血栓ができ易くなります。その血栓が脳
に飛び脳梗塞を起こすことがあります。
分単位で突然症状が完成し、比較的大きな梗塞巣を生じるため重症例が多くみられます。
当院では、心房細動の患者さんには内服治療(脈拍コントロール・血栓予防の抗凝固療法(国立循環器
病センター ワーファリンの正しい飲み方へ)
)、生活指導等を行い脳梗塞の発症率の低下に努めています。

2.一過性脳虚血発作・脳梗塞と狭心症・心筋梗塞

平成25年「人口動態統計」によると日本人の死因の1位は悪性新生物で36万4,872人(28.8%)が亡く
なり、2位は心筋梗塞などの心疾患で19万6,723人(15.5%)、3位は肺炎で12万2,969人(9.7%)、
4位は脳梗塞などの脳血管疾患で11万8,347人(9.3%)であります。
心疾患と脳血管疾患の合計は悪性新生物とほぼ同数ですが、それらの多くは動脈硬化が原因で発症
すると言われています。血管の狭窄・閉塞が脳の動脈で起これば一過性脳虚血発作や脳梗塞、心臓を
栄養する血管である冠動脈で起これば狭心症や心筋梗塞という病気になります。
当院では、血液検査(コレステロール・中性脂肪)や大動脈脈波速度・頚動脈エコー・全身CT検査
により、動脈硬化の程度を測定し患者さん一人一人の危険性の程度を把握しています。

3.アダムス-ストークス発作(徐脈など)と脳虚血

一過性の長い心停止あるいは心室細動などの不整脈により心臓から十分な血液が送られなくなる為、
めまい・眼の前が暗くなる・失神などの脳虚血症状を起こす病気(心原性失神)です。繰り返す意識
消失発作の原因となる不整脈としては、房室ブロック・洞不全症候群などの徐脈性不整脈と上室頻拍・
心室頻拍・心室細動などの頻脈性不整脈が上げられます。
当院では、ホルター24時間心電図・心エコー検査等により迅速な診断・治療を心がけております。

4.睡眠時無呼吸症候群と脳梗塞

睡眠時の無呼吸は心血管イベント(心筋梗塞、脳卒中)のリスクを高めることが報告されています。
睡眠時無呼吸検査を行い必要であれば持続陽圧呼吸法(CPAP)等で治療を行っています。

5.高血圧と高血圧性脳症

急激または著しい血圧上昇により、脳血管の自動調節機能が壊れて脳浮腫を起こすことがあります。
症状は重篤で、頭痛・悪心・嘔吐・意識障害・痙攣などを伴います。
当院では、高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病予防の為に、食事・運動・生活指導等を
行っております。
当院では24時間血圧計検査を行い,血圧日内変動を把握しています。

6.感染性心内膜炎と脳梗塞・脳膿瘍

感染性心内膜炎は微生物による心内膜表面の感染症であり、周辺組織の破壊や敗血症・脳塞栓症・
心不全増悪などをひき起こすことがあります。
当院では、経胸壁心エコー・経食道心エコー等により的確な診断治療を心がけています。

7.生活習慣病と頚動脈・冠動脈疾患

生活習慣病自体は症状を伴わない事が多いのですが、全身の血管に影響を及ぼし、最終的に脳梗塞
や心筋梗塞に陥ってしまうという認識が大事です。血管の内側の壁にコレステロールが着くと血管が狭く
なります。特に脳の血管では内皮細胞が密に並んでおり、高血圧などでそれが障害を受け脳卒中の
原因となります。
心臓を栄養する冠動脈と脳を栄養する頚動脈では内皮と内皮の間にすき間があり、脂肪や糖蛋白
が入り込み易く、心・脳疾患をひき起こします。

杉野脳神経外科
ホームへ
病院案内
ご利用案内
診療科目紹介
脳神経外科
循環器内科
整形外科
心臓血管外科
リハビリテーション科
内科
外科
症状別Q&A
お知らせ
採用情報
お問合せ
リンク集

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS
アクセス