杉野脳神経外科病院ページ一覧

  病院案内 ご利用案内 診療科紹介 採用情報
  当院について 診療時間受付について 脳神経外科 採用情報
  当院の特徴 外来担当医表 循環器内科  
設備について 検査について 内科 お問合せ
アクセスマップ 入院食のご案内 外科 お問合せ
  お薬について 整形外科
  心臓血管外科
  リハビリテーション科

こんな症状の時は?症状別Q&A(脳外科的症状・循環器科的症状)

脳神経外科的症状とは? 循環器科的症状とは?
頭痛 胸や背中が痛い
手足のしびれ・力が入らない 息切れがする・呼吸困難になる
当首・腰が痛い 動悸がする
めまい 足がはれる・顔のむくみがある
耳鳴り 失神発作・ふらつく
視力が徐々に低下 歩くと足がだるくなる・痛くなる
顔がピクピクしたり痛い・口角からよだれが出る だるい・疲れやすい
けいれん発作(てんかん) チアノーゼ(口唇・爪が紫色になる)
認知症(痴呆) 痰・血痰
頭部打撲
当ホームページを閲覧することによって、いかなる疾病の診断・治療を行うものではありません。
よって、当ホームページは閲覧者に対し、明示あるいはその他の表示方法においても一切の責任を負うものではありません。また、掲載内容の無断転載を禁じます。

循環器科的症状とは?

循環器科的症状とは?

1.胸や背中が痛い
2.息切れがする、呼吸困難になる
3.動悸がする
4.足がはれる、顔のむくみがある
5.失神発作、ふらつく
6.歩くと足がだるくなる、痛くなる
7.だるい、疲れやすい
8.チアノーゼ(口唇・爪が紫色になる)
9.咳、血痰

・血圧が高い
・心電図に異常がある
・心臓に雑音がある
・血液中の脂肪(コレステロール・中性脂肪など)や尿酸が高いなど

胸や背中が痛い(圧迫感)

循環器外来で最も多い訴えが胸痛です。代表的なものとして、狭心症・心筋梗塞・心膜炎・大動脈解離などがあり、その他に自然気胸・肺塞栓・肋間神経痛・不安に伴う心因性胸痛・心房細動などの不整脈や胃潰瘍や食道炎など消化器による胸痛などもあります。

こんな症状大丈夫(胸の痛み)(貴方の為の健康お役立ちサイト)症状別にわかりやすく解説してあります。 
こんな症状大丈夫(背中の痛み)(貴方の為の健康お役立ちサイト)症状別にわかりやすく解説してあります。

全国健康保険協会 心臓のしくみ、心臓病の症状、病気の種類、検査、治療についてわかりやすく解説し
てあります。

息切れ・呼吸困難

心不全では、健常者が感じない程度の軽い動作で呼吸困難を感じます。悪化すると寝ているより坐った方が楽になります。(起坐呼吸)。最近、長時間の飛行で問題になっているロングフライト症候群(エコノミークラス症候群)である肺血栓・塞栓症によっても呼吸困難を生じます。その他に不安に伴う過換気症候群などもあります。

こんな症状大丈夫 (貴方の為の健康お役立ちサイト)症状別にわかりやすく解説してあります。
国立循環器病研究センター 心臓のしくみ、心臓病の症状、病気の種類、検査、治療についてわかりやすく解説してあります。

動悸・心悸亢進

心拍の乱れ、突然始まり突然おさまる、胸部の一瞬の詰まる違和感として感じます。代表的なものとして、発作性心房細動、期外収縮(上室性・心室性)、心室頻拍などがあります。その他にも交感神経の緊張亢進、甲状腺機能亢進、貧血、発熱、アルコール摂取時などにも生じます。

こんな症状大丈夫 (貴方の為の健康お役立ちサイト)症状別にわかりやすく解説してあります。
国立循環器病研究センター 心臓のしくみ、心臓病の症状、病気の種類、検査、治療についてわかりやすく解説してあります。

足がはれる、顔のむくみがある(浮腫・腫脹)

浮腫とは、むくみの事をいいます。心臓のポンプ機能が低下すると十分な血液を送れず、むくみの原因となります。その他、腎臓病・下肢静脈瘤・リンパ浮腫・低蛋白血症などが原因の事もあります。

こんな症状大丈夫 (貴方の為の健康お役立ちサイト)症状別にわかりやすく解説してあります。
国立循環器病研究センター 心臓のしくみ、心臓病の症状、病気の種類、検査、治療についてわかりやすく解説してあります。

失神発作,ふらつき(めまい)

失神は脳虚血による一過性の意識消失発作であり、目の前が真っ暗になってふらふらしたり倒れたりします。極端な徐脈(房室ブロック・洞不全症候群)、心室細動、心停止などの不整脈による失神をアダムス・ストークス症候群といいます。

国立循環器病研究センター心臓のしくみ、心臓病の症状、病気の種類、検査、治療についてわかりやすく解説してあります。

手足が痛い(四肢疼痛)

末梢循環障害による閉塞性動脈硬化症(ASO)、バージャー病、レイノー現象などがあります。高齢者においてはASOが多く、数百メートルの歩行により足の痛みが出現し、歩けなくなる症状で気付かれる事が多い様です。

こんな症状大丈夫(貴方の為の健康お役立ちサイト)  わかりやすく解説してあります。

閉塞性動脈硬化症 わかりやすく解説してあります。

だるい、疲れやすい

疲労・貧血・自律神経失調症・甲状腺機能低下等のほか心不全症状として生じることがあります。

こんな症状大丈夫(貴方の為の健康お役立ちサイト) わかりやすく解説してあります。

チアノーゼ

口唇・指の爪などが青紫色を呈する状態をいいます。代表的なものとして、先天性心疾患、・肺機能障害(高度の肺炎、肺気腫、肺水腫)・末梢性チアノーゼ(心不全・ショック)などがあります。

さらば生活習慣病 (全国健康保険協会) 生活習慣病についてわかりやすく解説してあります。

咳、血痰

左心不全に伴う咳は刺激性で夜間に多く、肺水腫に至ればピンク色泡沫様の痰を伴います。血痰も心不全症状の1つで、僧帽弁狭窄症や肺水腫、肺高血圧症、肺梗塞などでみられます。

循環器病情報サービス (国立循環器病研究センター) 循環器疾患についてわかりやすく解説してあります。
さらば生活習慣病 (全国健康保険協会) 生活習慣病についてわかりやすく解説してあります。

杉野脳神経外科
ホームへ
病院案内
ご利用案内
診療科目紹介
脳神経外科
循環器内科
整形外科
心臓血管外科
リハビリテーション科
内科
外科
症状別Q&A
お知らせ
採用情報
お問合せ
リンク集

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS
アクセス